大嘗祭

天皇即位後に初めて行われる新穀を天地の神に供える祭事

大嘗祭で栃木の米が選ばれました。

年号毎に一度しか行われない大嘗祭。
その大嘗祭に「栃木県のお米」が選ばれました。

大嘗祭とは

天皇が即位後初めて新穀を天照大神をはじめ天神地祇に奉り、自らも食す祭事。
天皇一世一度の最大の祭りでもある。

その年の収穫に感謝をする収穫祭にあたるもの。
翌年からは「新嘗祭」として毎年行われる。


那須烏山市の米

大嘗祭にて奉納される米には那須烏山市の田んぼが推薦される予定。
木俣川や荒川に代表されるように豊富な水源に恵まれる栃木県の米は非常に高い評価を得ている。
食味ランキングにおいて最高評価の特Aを受賞したコシヒカリやなすひかりなど名だたるブランド米を有している。